アクセス

としまビジネスサポートセンター

住所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-20-15
生活産業プラザ5F
豊島区文化商工部生活産業課商工係

TEL 03-5992-7022
FAX 03-5992-7023
E-mail A0029099@city.toshima.lg.jp
ご利用時間
月~金 9:30~16:30
(祝日、年末年始を除く)
中小企業を支援します。
豊島区の企業を紹介します。
としまものづくりメッセのオフィシャルサイトです。
豊島区の公式ホームページです。
  • 資金サポート カテゴリーのアーカイブを表示しています。

カテゴリ
カレンダー
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最新の記事
過去の記事
ブログ内検索
メールマガジン
豊島区メールマガジンを配信しています。
メールマガジンとは、皆さんのパソコンに、豊島区からのお知らせをメールでお送りするものです。
豊島区メールマガジン詳細ページ

‘資金サポート’ カテゴリーのアーカイブ

ちふれ女性起業家支援制度(融資制度)のご案内

2018年7月24日 火曜日

ちふれホールディングス㈱は事業の法人化を目指す女性起業家に対する支援として、

最高900万円の融資と、資本金100万円の提供を行っています。

今年度も、8月より支援希望者の募集がスタートします。

 

 

<第6回 ちふれ女性起業家支援制度 概要>

募集期間:2018年8月1日~8月31日

対 象 者:2019年2月末までに事業の法人化(株式会社)を目指す女性

支援内容:最高900万円の融資
(貸付期間10年以内、うち2年まで据え置き可)
(年利1%、担保・保証人なし)

資本金100万円分の提供

セミナー2回

 

▼詳細はこちら
http://chifuregrp.co.jp/woman_support/

法人の登録免許税が半額に?お得に起業!

2018年5月30日 水曜日

 

としまビジサポでは、起業に関する個別相談を専門の相談員が無料で承っています。

一定以上の期間・回数の個別相談を受け、豊島区が証明書を発行することで、

様々な優遇措置を受けることができます。

 

そのうちの一つが、法人設立の際に納める税金「登録免許税」が半額になること。

 

例えば「株式会社」設立の場合・・・

 

【通常】登録免許税150,000円

【優遇】半額の75,000円に!

 

▼要件・ご利用方法等の詳細は下記HPをご覧いただくか、ビジサポにご連絡ください。
http://toshima-biz.com/00_sogyo_tokutei.html

 

としまビジサポTEL:03-5992-7022

無料相談★ビジサポ窓口をご利用ください

2018年4月17日 火曜日

 
としまビジサポでは、中小企業者や創業者のための様々なサポートをご用意しており、

毎日多くの方にご利用いただいております。

 

豊島区役所7階にあるビジサポ窓口では、

各種専門家が皆さまのご相談にワンストップで対応しておりますので、

ちょっとしたご相談でもお気軽にご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ご相談の一例

 
・コンセプトやPR方法を一緒に考えてほしい

 
・事業計画書についてアドバイスが欲しい

 
・融資あっせんの相談をしたい

 
・新商品やサービスのブランド構築について相談したい

 
・税務や労務についての基礎知識を教えてほしい

 

 

 

▼ビジサポのサポートメニューはこちらをご覧ください
http://toshima-biz.com/01_tbiz_sup_cate.html

 

 

【問合せ】としまビジネスサポートセンター
03-5992-7022

東京都創業助成金の受付開始

2018年3月9日 金曜日

東京都が行う「創業助成金」について、4/13~4/23にかけて申請ができます。

これは、都内で創業予定・創業後5年未満の方に対し、創業経費の一部を補助する事業です。

申請には、計画書の作成や、取得に時間がかかる書類提出等がありますので、ご興味がある方は早めの準備をオススメします!

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/station/services/s0ogyokassei/sogyojosei_send.html

※なお「認定特定創業支援事業証明書」を添付する予定の方は、証明書発行までに最短でも1ヶ月かかりますので、遅くても3/20までにはとしまビジサポhttp://www.toshima-biz.com/index.htmlへいらしてください。

都創業助成金~都内で創業予定・創業後5年未満の方は是非ご覧ください~

2017年9月29日 金曜日

東京都では、都内で「創業予定の方」「創業後5年未満の方」を対象に、創業期に必要な経費の一部を助成しています。
今回の応募期間は11/1(水)~11/9(木)です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/station/services/sogyokassei/sogyojosei_send.html
なお、申請要件の1つである「特定創業支援事業を受け証明書を取得する」ことについては、以下にご注意ください!
◆証明書取得に最低1か月かかります。証明書が必要な方は、10/5(木)までにとしまビジサポにいらしてください。
→としまビジサポ http://www.toshima-biz.com/00_sogyo_shien.html
◆としまビジサポで証明書発行を承るのは「豊島区で創業予定」「豊島区で創業後5年未満」の 方です。

第3回 起業における資金調達

2017年3月28日 火曜日

こんにちは。としまビジサポ相談員の相澤です。
さて【起業における資金調達】のお話しも今回で最終回となります。

今日はとしまビジサポに来られる方がよくご利用される
豊島区の制度融資「起業資金」の使い方についてお話します。
①まずはとしまビジサポにお電話いただき、相談予約をお取りください。
起業相談員が相談を承ります。(03-5992-7022)
②としまビジサポにて起業相談員と3回程度面談し、「起業計画書」を作成します。
起業計画書があるかないかは、起業の成否に大きく影響します!
③起業計画書と必要書類をご提出いただいたら、金融機関宛の「紹介状」を発行します。
④「紹介状」を持って、豊島区と提携している金融機関で融資を受けると、
この制度を受けることができます。

これで【起業における資金調達】のお話を終わります。
その他、制度の利用や資金調達方法についてご不明な点があれば、
気軽にとしまビジサポへお問い合わせ・ご来場ください。
としまビジサポは頑張るあなたを応援します!

第2回 起業における資金調達

2017年3月23日 木曜日

こんにちは。としまビジサポ相談員の相澤です。
前回に引き続き、今日も【起業における資金調達】のお話しです。

借入による資金調達の方法について、としまビジサポでは主に以下3つをご案内しています。

<起業資金借入の種類>
(1)豊島区の制度融資を利用して市中の金融機関より借入。(融資限度1,500万円)
http://www.toshima-biz.com/02_yuushi_kigyo_sogyo.html
(2)東京都の制度融資を利用して市中の金融機関より借入。(融資限度2,500万円)
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/kinyu/yuushi/03_ichiran.html
(3)日本政策金融公庫より国の資金を直接借入。(融資限度3,000万円)
http://www.jfc.go.jp/

※(1)(2)は東京信用保証協会の信用保証が必要となります。

<メリット/デメリット>
(1)豊島区が金利を一部補助するため低利である。(本人負担利率0.25%+信用保証料)
一方、手続きに少し時間がかかる。
(2)利用対象者の要件が(1)に比べ幅広い。
一方、金利の補助がない。(本人負担利率2.3~2.5%+信用保証料)
(3)信用保証料の支払いがなく、審査期間が短い。(本人負担利率1.25%~2.4%)

次回は【豊島区の制度融資の使い方】です。
としまビジサポは頑張るあなたを応援します!

第1回 起業における資金調達

2017年3月21日 火曜日

こんにちは。としまビジサポ相談員の相澤です。
今日から全3回で【起業における資金調達】についてお話しします。

起業の際には、設備や当面の運転のための費用が必要となりますね。
その費用の調達方法について今回はお話をさせていただきたいと思います。

実際、必要な額から「自己資金」を引き、
足りない差額分を「借入」なさる方が多くいらっしゃいます。
ここで注意していただきたいのが、
「自己資金がゼロだと借入れも難しい」という点です。

なぜ自己資金が必要なのか?それは起業資金の要件として、
「自己資金を有し、不足分を借入にて賄う」とあるので、全てを借入で
賄うという事は、起業資金の趣旨にそぐわないためです。
よってある程度の自己資金は必要となってきます。

次回は【起業時借入における資金調達の方法】です。
としまビジサポは頑張るあなたを応援します!

 

融資を受ける際の注意点

2017年1月25日 水曜日

こんにちは、ビジサポ相談員の山田です。今年もよろしくお願いします。

豊島区の融資あっせんのご利用にあたり、最近あった事例や気がついたことをご紹介します。

小企業資金は既存の保証付き借入残高を含め1,250万円以内です!
・小企業資金は金利が1.5%で、その内豊島区の利子補給が1.25%ありますので、
ご本人の実質負担は0.25%と非常に金利負担の軽い制度です。
・先日、小企業資金で800万円の紹介をしましたが、
この企業が実は1,250万円を超えて保証付き借入があり、
小企業資金が使えず運転中期資金に切り替えたケースがありました。
既存の借入は東京都の制度融資(都制度)で、豊島区の融資あっせんの利用がなかったため
別途1,250万円まで利用ができるものと勘違いしたためでした。
・既存の借入が保証協会の保証付きなのか、
金融機関のプロパー貸し(保証付きでない独自貸し)なのかの確認は借入金融機関にお問い合わせください。
・現在保証協会の保証付きで500万円の残高がある方は、残り利用可能額は750万円です。
・保証付き借入が1,250万円を超えている方は小企業資金が使えませんので、運転資金の中期または長期、設備資金であれば中期または長期の利用を検討して、借入希望金融機関とご相談ください。

住民税の証明書は「納税」証明書
・個人事業のご本人または法人の代表者の住民税納税証明書を間違えて、
課税証明書をお持ちのケースが散見されます。
納期到来済みの住民税がきちんと支払われているかの確認でご提出いただいておりますので、
必ず「納税」証明書でお願いします。
・ご本人または代表者が豊島区に在住されている場合は、
申込時に納税状況を確認させていただきますので、納税証明書の徴求は不要です。

申込時に提出いただく確定申告書の写しは必要なもののみ
法人の確定申告書の別表は、別表一・二・四・七(右上に記載あり)のみ、
決算書は貸借対照表と損益計算書、勘定科目明細は預金、売掛金、買掛金、借入金、役員報酬と人件費、
地代家賃などの主要勘定のみで、他は省略で結構です。
・個人事業の方は青色申告書と決算書の写しを提出してください。
・確定申告を電子申告されている方はメール詳細の写しも必要です。

その他不明点などは、としまビジネスサポートセンターまでお問い合わせください。

としまビジサポは頑張るあなたを応援します!

ビジサポ窓口で相談できること①

2016年12月19日 月曜日

こんにちは、としまビジサポ担当です。
勉強会やセミナーなどには来たことがあるけど、ビジサポ窓口を利用したことがない・・・
そんな人の中には、「何を相談できるのか知らなかった」という人もいらっしゃいます。

今回は改めて、ビジサポ窓口で何が相談できるのか2回に分けてご紹介します。

○起業創業について○
起業を予定している方の様々な課題について相談をお受けします。
<例>
・起業前の基礎知識、起業計画書作成のアドバイス、ビジネスプランについて
・資金相談や融資あっせん、創業補助金(国)計画書の支援、特定創業支援証明書発行など
・女性のための起業支援について

○売上拡大について○
課題解決に向けて、具体的な提案と売り上げ拡大の支援を行います。
<例>
・真の強みの検討とターゲット選定
・新商品やサービスのブランド構築
・営業戦略(ターゲット選定、コンセプト作り、PR方法)
・連携やマッチングについて
・売上拡大や増加策の検討

○資金について○
融資あっせん、利子補給、保証料補助を実施する他、補助金により事業活動もサポートします。
<例>
・融資あっせん(起業後1年以上の区内中小企業者対象)
・資金に関する相談(適切な借入額、資金繰り、返済方法)
・セーフティネット保証
・豊島区の補助金申請(HP作成支援、見本市等出展支援、専門家派遣)

 

いずれの窓口も月~金の9時半~16時半で営業しております。
資金サポート窓口以外は予約が必要となりますので、是非お電話ください!

 

としまビジサポは頑張るあなたを応援します!

Copyright © 2010 としまビジネスサポートセンター. All Rights Reserved.