アクセス

としまビジネスサポートセンター

住所

〒171-8422
東京都豊島区南池袋2-45-1 7F
豊島区文化商工部生活産業課商工係

TEL 03-4556-2742
FAX 03-5992-7088
E-mail A0029099@city.toshima.lg.jp
ご利用時間
月~金 9:30~16:30
(祝日、年末年始を除く)
中小企業を支援します。
豊島区の企業を紹介します。
としまものづくりメッセのオフィシャルサイトです。
豊島区の公式ホームページです。
カテゴリ
カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最新の記事
過去の記事
ブログ内検索
メールマガジン
豊島区メールマガジンを配信しています。
メールマガジンとは、皆さんのパソコンに、豊島区からのお知らせをメールでお送りするものです。
豊島区メールマガジン詳細ページ

残席わずか!勉強会「採用成功への3つのポイント」

なぜここまで応募を集めるのが難しく、定着させるのが難しくなったのでしょうか?
今回の勉強会では、人気を集めている会社の取り組みをヒントに、

どんな企業様でも今からできる対策を考えます。

 

 

◆ビジサポ勉強会「求人2.0は何が変わったのか?採用成功への3つのポイント」
【日時】平成30年4月24日(火)18:30~20:00
【会場】豊島区役所5階 会議室507・508
【講師】西田 一裕 氏(㈱オリジナルプラン 代表取締役兼CEO)
【対象】経営者・起業家10名(区内事業者優先)
【申込】下記の内容を電話・FAX・メール、またはURLから申込
① お名前②電話番号③メールアドレス④業種⑤事業所名⑥所在地

 

 

▼詳細・お申込はこちら
http://toshima-biz.com/08_seminar_sagasu.php

 
#豊島区 #としまビジサポ #起業支援 #経営支援 #採用

豊島区の起業家・経営者向け補助金をご存じですか?

中小企業者・起業予定者の販路拡大・経営改善のための補助金を交付しています。
今年度も申請がスタートしましたので、ご利用希望の方はお問い合わせください。

 

 

■ホームページ作成支援補助金
ホームページの新規作成経費の一部を補助
・補助額:対象経費の1/2(上限5万円)

 

 

■見本市等出展支援補助金
見本市等の出展料の一部を補助
・補助額:対象経費の1/2(上限10万円)

 

 

■専門家派遣補助金
東京都中小企業振興公社の専門家派遣制度(経営課題を解決するために専門家の派遣を受ける)を

ご利用の際、自己負担経費の一部を補助します。
・補助額:派遣1回11,550円の内、10,000円を区が補助

 

 

 

▼補助金の詳細・注意事項はとしまビジネスサポートセンターHPをご覧ください
http://toshima-biz.com/03_hojokin_mihonichi.html

 

【問合せ】豊島区 生活産業課 商工グループ 03-4566-2742

 

 

#豊島区 #起業支援 #経営支援 #補助金

起業相談★4/10・4/20予約受付中

としまビジネスサポートセンターでは、女性相談員による起業相談会も行っており、

4月は下記日程で相談のご予約を承っています。

まだ空きもございますので、ご利用希望の方はお早めにご連絡ください。

 

 

★吉枝ゆき子相談員(㈱ソフィットウェブコンサルティング代表取締役)
【得意分野】起業相談、WordPressやブログ、ネットショップ等のサイト構築等
【日時】4月10日(火)・4月20日(金)
    9:30~/11:00~/13:30~/15:00~

 

 

◇ご利用いただける方:区内事業者・区内起業予定者・「女性のための起業塾」参加者
◇問合せ・予約:としまビジネスサポートセンター(TEL:03-5992-7022)

 

 

▼サクラーヌbiz応援プロジェクト(女性のための起業支援)の詳細
http://toshima-biz.com/00_sogyo_sakura.html#sodan

 

 

#女性起業 #サクラーヌbiz #女性のための起業塾 #豊島区

起業家紹介:かぐやライゼビューロー 杉江 真理子さん

「ドイツ語圏の人の心をくすぐる、日本の旅を届けたい」

 

「ドイツ語圏の人々って商店街が大好きなんです。

だから巣鴨はうけると思うし、

ポケモンとかアニメも好きなので、サンシャインシティも好きだと思います。

ドイツ語圏の人々にとって、豊島区は最高ですね!」

 

 

”伝えたくてしかたがない!”

 

 

目を輝かせながら

ハリのある声で楽しそうにお話される姿に

熱意があふれています。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉江真理子さん。

ドイツやオーストリアなどのドイツ語圏から

日本へ旅行する人に観光案内をする

「かぐやライゼビューロー」を

昨年9月に開業しました。

現在は豊島区のシェアオフィス、

としまスタートアップオフィスを拠点にしています。

日本では珍しい「ドイツ語圏の観光客に特化」した、旅行サービス。

その原点は、杉江さんの学生時代にありました。

 

 

「かぐやライゼビューロー」のホームページ。美しく、わかりやすく日本のみどころが紹介されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社名の「かぐや」は大学院でも学んだ「竹取物語」からきているのだそう。(ライゼビューロー:ドイツ語で旅行会社)

 

 

 

杉江さんは

日本文学の研究者をめざしていた大学院生の頃、

学業の合間にできるアルバイトはないかと

情報誌を手にとります。

 

 

「たまたま添乗員のアルバイトを見つけて。

“週何日でもOK”と書いてあって

もともと旅行が好きだったし、私でもできるかなと応募したんです。

最初の2年くらいは国内でしたが、

たまたま中欧のツアーに私が行くことになって

それから海外によく出させてもらうようになりました。

ドイツや、チェコ、オーストリア、ハンガリーと

月に一度は行きました。楽しかったですね。

でも始めはドイツ語も全然喋れなかったですし、

お客さんも世界中をまわってきたような

意識の高い年配の方が多くてなかなか大変でした(笑)」

 

 

とくに大変だったのが、

現地の情報が少ないこと。

当時はベルリンの壁が崩壊してまもない頃で、

チェコやハンガリーは

「秘境」と呼ばれていたほど

旅行先としてはまだ珍しかったそうです。

 

しかし、

ここで杉江さんの研究者気質が発揮します。

 

「お客様の疑問には徹底的にこたえたい。

とことん調べるのが好きなんです。

先輩の添乗員さんやガイドさんから教わって

各地の生の観光情報を勉強しましたし、

航空会社に行って資料をもらって勉強して学んだり、

大使館や観光局を尋ねて教えてもらったり。

ニコニコしながら、どこへでもつっこんでいきました(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペインにて

 

 

杉江さんの持ち前の明るさと行動力で

異国でもどんどん広がっていく、人の繋がり。

大学院の卒業が近づく頃には

チェコの旅行会社から声がかかり、

杉江さんはプラハとウィーンで就職します。

 

中央ヨーロッパの風土や文化、人々の考え方を

肌で感じる毎日。

杉江さんにとって、ドイツ語圏・中央ヨーロッパは

日本と同じくらいに大切な場所になっていきました。

 

 

 

 

ドイツ語圏の人の心に響く日本の魅力を伝えたい

 

日本に帰国した杉江さんは、

大手旅行会社等で働いたのち

インバウンドの旅行会社で通訳案内士の派遣をする仕事に就きます。

そのとき

ドイツ語圏からの観光客が少ないことを実感しました。

 

「英語やフランス語のガイドさんのリクエストは多いのに、

ドイツ語のガイドさんはあまりないんです。

調べてみると、ドイツ人はフランス人に比べて2倍の人が海外旅行に出ているのに

日本に観光客として来るドイツ人はフランス人の7割しかいない。

これは大きなポテンシャル(可能性)があると思って上司に話したところ

やれ!と後押ししてくれたんです。」

 

そして、杉江さんは

「かぐやライゼビューロー」を開業。

添乗員の経験や現地の生活で得た感覚を生かして、

ドイツ語圏の人々の目線で旅を提案します。

 

たとえば、こんな風に。

「ドイツは海が北海しかないし太陽もあまり出ないので

ドイツ人は海辺で寝転がって日光浴をするのが好きなんです。

ただ、わりと(お金に)シビアで

人の少ない知られざるところが好きなんですよ。

沖縄もいいんですが、費用が高いイメージがあります。

私は静岡の下田や鳥取の岩美町をおすすめしますね。

すっごくきれいなんですよ!」

 

ドイツ語圏の方に喜ばれる旅を通じて

日本に親しんでもらいたい。

 

また、杉江さんがそうだったように

日本に滞在するドイツやオーストリアの若者に

観光案内の仕事をしてもらい、

ドイツ語圏と日本とをつなぐ役割を担ってもらえたら。

 

人とのつながりを大切にしている、

杉江さんらしい夢が膨らみます。

 

そして…旅のアイディアも日々膨らんでいます!

 

「できるだけ日本の暮らしを味わってほしい。

日本語しか通じない旅館がまだ多いですが

そういうところが(日本らしさがあり)良かったりするので間に入りたいですね。

それから料理教室も、としまスタートアップオフィスの仲間と考えていて…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなところに行きたい。

こんなことを体験したい。

 

“かぐやひめ”のような無理難題も

「かぐやライゼビューロー」なら応えてくれるかも!

と、ついつい期待してしまうほど

探求心とおもてなしの心にあふれた杉江さん。

 

旅のお手伝いで

ドイツ語圏と日本の架け橋としてのさらなるご活躍が楽しみです!

 

 

起業家へのアドバイス

素直に、謙虚に、みんなに聞こう!

「どんなときも

私は絶対誰かに相談しますね。

1人で考えるよリもいい知恵がありますし、

他の人を紹介してくれたりもしますよ!」

 

杉江さんのこの素直さが、

みんなに愛される魅力なんですね。

 

                             (インタビュー・記事:島 永吏子

 

<としまビジネスサポートセンターご利用内容>

・としまスタートアップオフィス入居

 

 

としまビジサポは、杉江さんのチャレンジをこれからも応援し続けます。

 

 

 

東京都創業助成金の受付開始

東京都が行う「創業助成金」について、4/13~4/23にかけて申請ができます。

これは、都内で創業予定・創業後5年未満の方に対し、創業経費の一部を補助する事業です。

申請には、計画書の作成や、取得に時間がかかる書類提出等がありますので、ご興味がある方は早めの準備をオススメします!

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/station/services/s0ogyokassei/sogyojosei_send.html

※なお「認定特定創業支援事業証明書」を添付する予定の方は、証明書発行までに最短でも1ヶ月かかりますので、遅くても3/20までにはとしまビジサポhttp://www.toshima-biz.com/index.htmlへいらしてください。

都内飲食店経営者の皆様へ!「外国人旅行者おもてなしセミナー」

東京都主催の都内飲食店向けセミナーを紹介します。

外国人旅行者の集客に力を入れて売上アップ!是非ご活用下さい。

詳細URL https://eat-tokyo.jp/advanced/

 

3/1(木)14:30~16:00 立川会場>

【第1部】外国人目線で考える「選ばれるお店」の秘訣とは?

外国人旅行者は、どんなメディアを見て情報収集しているのか、口コミやリピーターを増やすためにはどんな対策が必要か、外国人旅行者の目線で見た、選ばれるお店のノウハウを解説。

【第2部】多言語メニュー活用説明会

実際にサイトをご自身で操作して、外国人の満足度につながるメニュー作成をお手伝いします。

 

3/6(火)上野会場 14:30~16:00>

【第1部】プロが教える!SNSを活用したインバウンド集客術

国別に異なるSNSの使い方や特徴、具体的な集客プロモーション方法など、海外マーケティングの経験豊富なプロが、明日から始められるSNSの活用方法を解説します。

【第2部】多言語メニュー活用説明会

実際にサイトをご自身で操作して、外国人の満足度につながるメニュー作成をお手伝いします。

 

都内飲食店経営者は必見!無料で外国人向けメニューを作れます!

本日紹介するのは東京都が運営する、多言語メニュー作成支援サイト「EAT東京」

都内飲食店の方ならだれでも無料で利用できます。

お店のメニューを12言語で簡単に作れるフォーマットが使えます。

メニューデザインも100種と豊富!

その他「指さし会話シート」や「食品ピクトグラム(絵文字)」もダウンロードできます。

簡単操作ですが、操作説明会も開催されます。それについては後日投稿しますね。

外国人旅行者の集客に力を入れて売上アップ!是非ご活用下さい。

EAT東京 http://www.menu-tokyo.jp/menu/

 

仕事への熱意と責任~創業フォーラムを開催しました!~

日本政策金融公庫池袋支店様と共催で、豊島区役所1Fにて「池袋創業支援フォーラム」を開催しました。

起業家や創業支援者に、成功の秘訣をお伝えするイベントで、70名超のご参加をいただきました。

 

第一部は、起業家の皆さん4名による体験談でした。美容業、卸小売業、飲食店と多彩な業種で、それぞれ起業に至る経緯や動機、成功の方法はバラバラなのだな、と感じました。

しかし皆さん一致しているのは、その仕事に対する熱意と責任感。第二部の創業支援家によるパネルディスカッションでも「成功の鍵は熱意。どれだけ熱意をもってその仕事に打ち込めるかで決まる。」というお話がありました。

 

第二部では、最近の起業のトレンド等をお話しいただきました。最近は若者・女性・シニアによる起業が増加傾向にあるとのことです。

(ちなみに、豊島区では女性起業家を支援するプロジェクトを
実施中!→http://www.toshima-biz.com/00_sogyo_sakura.html

また、これからは「廃業と起業をつなげる」、要するに、会社を譲渡したい人と、会社を興したい人のマッチングが大事で、国としても強化をしていきたい分野とのことでした。

初期投資はなるべく抑えて起業したい方に朗報ですね♪

 

これからもとしまビジサポ(http://www.toshima-biz.com/index.html)は、創業・起業の皆さんを応援して参ります!

 

ほろ酔い新年会終了!

経営者・起業家(区内事業者限定!)の皆さんと、としまビジサポ関係者の交流会「としま起業家ほろ酔い新年会」を開催しました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

肩慣らしに簡単なゲームをした後、立食パーティへ。

パーティーで提供する料理は、区立のシェアオフィス「スタートアップオフィス」に入居されている、おたべーる代表の緑川涼佳さんによるもの。

<Otavert(おたべーる)HP→http://www.otavert.com/

会の主旨、季節感、全体のバランスやお酒との相性を考えた、見事なレシピでした!

一番人気は揚げたて手作りチキンナゲット。豆腐が入っていて、フワフワでヘルシー。

大量に揚げたものの、すぐになくなってしまいました。

 

少し会場が手狭だったものの、皆さん楽しくご交流頂けたようで、安心しました。

また、お客様2名から、「豊島区はビジネス支援が手厚いのに、知らない人が多い。」との声をいただきました。

発信不足を痛感すると共に、嬉しいお言葉です。

 

これからもとしまビジサポは、起業家の皆さんのお手伝いができるよう、まい進して参りますので、困ったときは気軽にビジサポにご相談頂ければと思います!

<としまビジサポHP→http://www.toshima-biz.com/index.html

 


 

 

 

 

 


 

人間力アップセミナー

としまビジサポのお客様、原田諭貴子さまからイベントのお知らせです!

豊島区男女平等推進センターとの共催で、「前向きに生きるための“人間力”」をテーマにセミナーを開催します。

アサーションやポジティブシンキングの方法を学び、ヒューマンスキルをアップしましょう!

<開催概要>

【テーマ】人間力アップセミナー ~改めて自分を見つめてみませんか~

【日時】3/8(木)10:00~12:00

【会場】としま産業振興プラザ3F(西池袋2-37-4)

【参加】無料、要申込、保育あり

【詳細・申込方法】http://www.city.toshima.lg.jp/050/1712070951.html

Copyright © 2010 としまビジネスサポートセンター. All Rights Reserved.