アクセス

としまビジネスサポートセンター

住所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-20-15
生活産業プラザ5F
豊島区文化商工部生活産業課商工係

TEL 03-5992-7022
FAX 03-5992-7023
E-mail A0029099@city.toshima.lg.jp
ご利用時間
月~金 9:30~16:30
(祝日、年末年始を除く)
中小企業を支援します。
豊島区の企業を紹介します。
としまものづくりメッセのオフィシャルサイトです。
豊島区の公式ホームページです。
カテゴリ
カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最新の記事
過去の記事
ブログ内検索
メールマガジン
豊島区メールマガジンを配信しています。
メールマガジンとは、皆さんのパソコンに、豊島区からのお知らせをメールでお送りするものです。
豊島区メールマガジン詳細ページ

起業家紹介:Otavert 緑川 涼佳 さん

食の楽しさを伝え、日本の食をより知的に美しく

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の顔、アスパラガスとカツオのあっさり南蛮漬け。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色あざやかな、桜えびとそら豆の春色ごはん。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯がすすむ、うどと豚肉の照り焼きロール。

 

 

 

 

どれも凝った料理にみえますが、

実は調理科学を活かして手間を省いた簡単料理ばかり。

しかも、美味しい・ヘルシー・美しい!

嬉しいづくしのメニューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考案したのは、

この春「Otavert(おたべーる)」を開業した、

管理栄養士の緑川涼佳(みどりかわ・さやか)さん。

「お嬢様レシピの会」と名づけた料理教室を

池袋で開いています。

 

 

 

 

「お嬢様レシピは

すべての女性にお嬢様でいてほしい、

女性の力になりたい、という思いをこめた

“料理をあまりしない”“美味しいものじゃないと満足しない”

お嬢様も喜ぶレシピです(笑)

仕事や家事、育児で忙しい女性が

一分一秒でも台所にいる時間を短くして

自分の時間を楽しんでもらえるような料理を提案しています!」

 

 

 

食の知識をもった“知的美人“を増やしたい

 

料理教室の人気の秘密はレシピだけではありません。

それは

参加者は“作らなくていい”料理教室ということ。

緑川さんの手際の良い調理をじっくり見ながら

質問をしたり、ときには参加者同士の話で盛り上がったり。

のびのびとしたスタイルは気軽に参加しやすいと

料理が苦手な人や三食作るのが日課のママさんからも好評です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「知らなかった!」「これならできそう!」キッチンに笑顔と感嘆の声があふれます。

 

 

 

 

 

「極論、(習ったレシピを)作らなくてもいいんです。

ここで食べて、おしゃべりして

食の楽しさや面白さを知ってもらって、

それが食への意識が高まるきっかけになればいいと思っています。

メディアで“これがいい”と言われたらスーパーに走るのではなく、

一人一人が知識をもって、

自分の意志で食を選びとれる。

そういう知的さをもった心も体も美しい人を増やしたい。

『日本の食・知的美人化計画』と私は言っているんですが、

お嬢様レシピはそのしかけの一つです。」

 

 

 

 

 

食と人をつなぐ、私らしい新しい働き方をもとめて

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑川さんは大学で栄養学を学び、食品メーカーに就職。

6年間、商品開発などを担当したのち

栄養士や調理師を養成する専門学校に転職します。

 

 

 

 

「専門学校では

学生と食品メーカーなどの企業をつないで

商品やレシピの開発をしました。

みんなで一緒にひとつのものをつくりあげるのは

アイディアがどんどん広がって、すごく楽しくて。

私はたくさんの人と関わるのが好きなんだと改めて気づきました。

また、そのなかで農家さんとも関わるようになり

私はそうした“食に関わる人の想い”と

味や香りや料理などの“食の多様性”をつないで

食の魅力を伝える架け橋になりたいと思ったんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私らしい働き方、

新しい管理栄養士の働き方を開拓したい。

 

 

 

 

「Otavert」をたちあげた緑川さんは

国内外の食材を使ったレシピ考案、食品の表示作成指導のほか、

生産農家とコミュニケーションをとりながら

農産物をPRするお手伝いもしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「農業体験に来た親子向けに

その土地でとれた農産物を使ったレシピを考えたり、

販売所にレシピを置いてもらったりしています。

レシピは、いかにその食材の良さを生かし、

その土地を世界に発信できるか。

そして、どうしたら

”食に関わる人の想い”を伝えられるかを大切にしています。

そこに食材の彩りや香り、栄養素、料理といった

“食の多様性”を活かして、

どこから切っても面白い多角的な切り口になるように

ものすごく考えます。」

 

 

 

 

 

日本に住むすべての人を健康にしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食には人を幸せにする力がある。

 

 

 

緑川さんは

食を通じて笑顔で暮らす人が増えてほしいといいます。

 

 

 

 

「地方にはまだ知られていない魅力的な食材がたくさんあります。

私は一か所に落ち着いていられない性格なので(笑)

全国各地をまわり、

その土地の食べ物でレシピや商品を考えて

まちおこしのお手伝いができたらいいですね。

そして私の人生のテーマ、

“日本に住むすべての人を健康にする”を

実現したいと思っています!」

 

 

 

起業する方へ一言アドバイス

◆人生は一度きり!

「私は岩手出身で、震災で友達をなくした経験から

“人生は一度きり”と、思ったことはチャレンジしています。

後悔はしたくない、うまくいかなかったらやり直せばいい、

という思いで進んでいます。」

 

 

 

 

(インタビュー・記事:島 永吏子

<としまビジネスサポートセンターご利用内容>

・女性のための起業塾への参加

・としまスタートアップオフィス入居

としまビジサポは、緑川さんのチャレンジをこれからも応援し続けます。

 

 

Copyright © 2010 としまビジネスサポートセンター. All Rights Reserved.