アクセス

としまビジネスサポートセンター

住所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-20-15
生活産業プラザ5F
豊島区文化商工部生活産業課商工係

TEL 03-5992-7022
FAX 03-5992-7023
E-mail A0029099@city.toshima.lg.jp
ご利用時間
月~金 9:30~16:30
(祝日、年末年始を除く)
中小企業を支援します。
豊島区の企業を紹介します。
としまものづくりメッセのオフィシャルサイトです。
豊島区の公式ホームページです。
  • 豊島区の産業振興情報 カテゴリーのアーカイブを表示しています。

カテゴリ
カレンダー
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最新の記事
過去の記事
ブログ内検索
メールマガジン
豊島区メールマガジンを配信しています。
メールマガジンとは、皆さんのパソコンに、豊島区からのお知らせをメールでお送りするものです。
豊島区メールマガジン詳細ページ

‘豊島区の産業振興情報’ カテゴリーのアーカイブ

としまビジサポ全体会議

2016年3月29日 火曜日

3/24に、としまビジサポの連携協定機関の皆様にお集まりいただき、

ビジサポの運営や事業者支援・起業家支援について情報交換を行いました。

<ご参加機関>

・巣鴨信用金庫 様(http://www.sugamo.co.jp/guide/

・東京信用金庫 様(http://www.tokyo-shinkin.co.jp/index.html

・東京信用保証協会 様(http://www.cgc-tokyo.or.jp/

・東京都社会保険労務士会 豊島支部 様(http://www.sr-toshima.com/

・東京税理士会 豊島支部 様(http://www.toshima.gr.jp/

・日本政策金融公庫 池袋支店 様(https://www.jfc.go.jp/

これからもより良い事業者支援・起業家支援の形を目指し、

連携機関の皆様のご協力をいただき、まい進して参ります!

 

起業支援が拡大!女性経営者・起業家交流会を開催します

2016年3月24日 木曜日

平成28年度からの豊島区の「起業支援」がパワーアップします。

区では女性経営者・起業家・起業予定者をサポートする

サクラーヌbiz応援プロジェクト」を行っています。

今年度も行った大規模な「女性起業家交流会」に加え、来年度は

「より密なネットワークづくり」を目的に、少人数制の交流会を複数回行います。

ワークショップや勉強会をセットにした内容となる予定です。

 

開催日等詳細は、追ってフェイスブック“サクラーヌbiz応援プロジェクト”

でお知らせします♪

 

起業支援が拡大!女性のための起業塾を2クール開催します

2016年3月22日 火曜日

平成28年度からの豊島区の「起業支援」がパワーアップします。

区では女性経営者・起業家・起業予定者をサポートする

サクラーヌbiz応援プロジェクト」を行っています。

今年度初めて「女性のための起業塾」を1クール開催し、定員を大幅に超す参加があり

好評を頂きましたので、来年度は対象者やテーマを変えて2クール行います!

開催日等詳細は、追ってフェイスブック“サクラーヌbiz応援プロジェクト”でお知らせします♪

起業支援が拡大!起業融資が0%利子で利用できます

2016年3月17日 木曜日

平成28年度からの豊島区の「起業支援」がパワーアップします。

 

豊島区で取り扱う制度融資「起業資金」は、起業に必要な設備資金や

運転資金を用意するための融資で、起業相談に来られる多くの方が利用されます。

この融資が、平成28年度から利用者利子負担0%でご利用いただけます。

(固定金利1.6%を区が全額補助!)

ご利用の際は、としまビジサポ相談員と3回程度面談する必要があります。

まずは予約のお電話をください。(03-5992-7022)

融資あっせん制度④申請に必要な書類について

2016年3月17日 木曜日

こんにちは、ビジサポ相談員の山田です。

今回は豊島区の「融資あっせん制度」について、よくあるご質問に答えつつ紹介します。

ご利用の参考にして下さい。全4回で紹介します。

第4回は【申請に必要な書類について】です。

 

Q制度を利用するための必要書類はどんなものがありますか?

A以下ご案内パンフレットP4をご覧ください。なお、融資借入申込書は

法人用と個人用があります。お間違えないようご注意ください。

<必要書類 ご案内パンフP4>

http://www.toshima-biz.com/download_sozai/shikin_shiori27.pdf

Q必要書類は原本ですか?コピーで良いですか?

A「融資借入申込書」のみ原本をお持ちください。その他の書類は全てコピーをお持ちください。

詳しくは以下をご覧ください。

<必要書類 ご案内パンフP4>

http://www.toshima-biz.com/download_sozai/shikin_shiori27.pdf

Q確定申告書一式は枚数が多くてコピーするのが大変なのですが。

A勘定科目明細は、預金、売掛金、買掛金、借入金、役員報酬、地代家賃等の

主要勘定のみで、他は省略でも結構です。

Q個人事業主(または代表取締役)の個人の「住民税」の証明書は、

課税証明書や領収証書を持っていけば良いですか?

A必ず「納税証明書」をお持ちください。納付したばかりで納税証明書に反映されない納税額が

ある場合は、反映されていない部分のみ領収証書で結構です。

Q共有物件の修繕のためのお金を借りたいのですが、融資借入申込書の申請者名はどのように

記入したらよいですか?

A共有物件の修繕資金の申込の場合は、共有者の連帯債務の取り扱いとなりますので申込書の

借入人の欄に連名で署名捺印をして下さい。また、各人の確定申告書のコピーを提出して下さい。

今回で豊島区の「融資あっせん制度」FAQ紹介は終了です。不明点等ありましたら、

気軽にとしまビジサポへお問い合わせください。(℡03-5992-7022)

 

としまビジサポは頑張るあなたを応援していきます!

融資あっせん制度③どんな種類の資金があるの?

2016年3月15日 火曜日

こんにちは、ビジサポ相談員の山田です。

今回は豊島区の「融資あっせん制度」について、よくあるご質問に答えつつ紹介します。

ご利用の参考にして下さい。全4回で紹介します。

第3回は【どんな種類の資金があるの?】です。

 

Qどの資金が一番自分に適していますか?

A要件とニーズが合致すれば、利用者にとって利子等の負担が少ない「小企業資金」を

おすすめすることが多いです。ただし、資金によって利率・借入限度額・返済期間が異なり、

どれがお客様に合致するかは一概には言えません。

また、借入金融機関が負担するリスクが異なります。

①小企業資金・起業資金→原則、責任共有対象外(保証協会が貸金の100%保証する)
②小企業以外の資金→責任共有対象(保証協会が貸金の80%を保証、金融機関が20%のリスクを負担)

必要額等踏まえ、借入希望金融機関とご相談下さい。

<提携金融機関 ご案内パンフP8>
http://www.toshima-biz.com/download_sozai/shikin_shiori27.pdf

Q小企業資金はいくらまで借りられますか?

A「今回新たに借りる額」と「既存の保証協会保証付き借入残高」を合算して

1,250万円が限度額です。現在の借入残高を確認の上、お申込み下さい。

Q今借りている複数の融資を1本にまとめたいのですが。

A借換資金(小企業借換・運転中期借換・経営安定借換)をご利用ください。

ただし、今借りている融資が「借入後1年以上経過した豊島区の融資」であることが要件です。

その他の都融資制度等は借換資金の対象となりません。

 

次回は【申請に必要な書類について】です。

としまビジサポは頑張るあなたを応援していきます!

融資あっせん制度②誰が使えるの?

2016年3月14日 月曜日

こんにちは、ビジサポ相談員の山田です。今回は豊島区の「融資あっせん制度」について、

よくあるご質問に答えつつ紹介します。ご利用の参考にして下さい。全4回で紹介します。

第2回は【誰が使えるの?】です。

Q豊島区内で個人事業を営んでいますが、住まいが区外です。利用できますか?

Aご利用いただけます。ただし、確定申告書の「事業所所在地欄」に豊島区内の

事業所所在地の記載のあることが必要です。また、個人事業税が課税されている方は、

豊島都税事務所で納税証明書の交付を受け、コピーを申込時に提出して下さい。

Q豊島区内に住んでいますが、区外で事業を営んでいます。利用できますか?

Aご利用いただけません。豊島区内に主たる事業所が(法人の場合は本店登記も)

あることが要件となっております。事業所がある自治体の融資制度か、

東京都の融資制度の利用をご検討下さい。

<東京都中小企業融資制度>http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/kinyu/yuushi/

Q本社登記が豊島区外でしたが、この度区内に移転しました。利用できますか?

A移転登記後1年未満はご利用いただけません。また、前の区の融資制度も使えませんので、

東京都の融資制度の利用をご検討下さい。

<東京都中小企業融資制度>http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/kinyu/yuushi/

Q豊島区に営業の本拠を構えていますが、区外にある物件の新・増築費用のために融資を

受けたいと思っています。利用できますか?

A主たる事業所が豊島区内にある場合は、区外の「工場・営業所等」の新・増改築に

ご利用いただけます。ただし「賃貸用建物」の新・増改築の場合は、物件が豊島区内に

あるものに限られます。

Q本社登記は豊島区内ですが、営業の本拠は区外です。利用できますか。

Aご利用いただけません。法人の場合は「本社登記」と「営業の本拠」が共に豊島区内に

あることが要件です。よくあるケースが、「本社登記は豊島区内の社長宅で、営業の実態は

区外」、このケースは対象となりません。

 

次回は【どんな種類の資金があるの?】です。

としまビジサポは頑張るあなたを応援していきます!

融資あっせん制度①どんな制度?どうやって使う?

2016年3月11日 金曜日

こんにちは、ビジサポ相談員の山田です。

今回は豊島区の「融資あっせん制度」について、よくあるご質問に答えつつ紹介します。

ご利用の参考にして下さい。全4回で紹介します。

 

第1回は【どんな制度?どうやって使う?】です。

 

Q融資あっせん制度って何ですか?豊島区がお金を貸してくれるのですか?

A豊島区の融資あっせん制度とは、豊島区内の事業者や起業者が融資を必要とする際…
○としまビジサポで発行される紹介状を持って

○豊島区と提携している金融機関で融資を受けると

低い金利で融資が受けられたり

保証料(保証協会に払う手数料)が一部補助されたりする制度です。

つまり、お金を貸すのは金融機関で、区はお客様が金融機関に支払う利子や

保証協会に支払う保証料を補助する、という制度です。

ご利用は無料です。詳細は以下をご覧ください。
<融資あっせん詳細>http://www.toshima-biz.com/02_yuushi_chusho.html
<提携金融機関 H27年度>

Q利用したい時はどうすれば良いですか?

A必要書類をご用意いただき、平日の9:30~16:30に直接ビジサポへお越しください。

(起業資金のみ要予約)。必要書類の詳細は以下をご覧ください。

<必要書類 ご案内パンフP4>
http://www.toshima-biz.com/download_sozai/shikin_shiori27.pdf

<ビジサポ アクセスマップ>

http://www.toshima-biz.com/01_tbiz_access.html

Q申込は代理の者が伺っても良いですか?

A申込にはご本人、または役員、経理担当者、配偶者でも結構です。

本人確認資料を持ってお越し下さい。豊島区融資あっせん制度をご利用中で

あれば金融機関の代行申請も可能です。

 

次回は【誰が使えるの?】です。

としまビジサポは頑張るあなたを応援していきます!

調印式が行われました

2016年2月5日 金曜日

昨日、
豊島区まち・ひと・しごと創生総合戦略にかかる業務連携・協力に関する包括協定
の調印式が行われました。
これは、4者(日本政策金融公庫池袋支店巣鴨信用金庫東京信用金庫豊島区
が連携し、地域の特徴を活かし持続的な社会を創生することを目的とした協定です。
取組内容は「女性の起業支援」「リノベーションまちづくり」「インバウンド」の
推進などです。
地域の活力を創出し、より魅力的な豊島区になれるよう、まい進して参ります!
(写真左から、日本政策金融公庫池袋支店 井原支店長、日本政策金融公庫 皆川副総裁、
豊島区 高野区長、巣鴨信用金庫 田村理事長、東京信用金庫 半澤理事長)

第23回豊島区伝統工芸展開催中です!

2015年10月22日 木曜日

豊島区伝統工芸保存会からのお知らせです。

庁舎1階としまセンタースクエアにて第23回豊島区伝統工芸展を開催しています。
「豊島区伝統工芸展」は、豊島区伝統工芸保存会に所属する伝統工芸の職人が一堂に会し、「匠の技」の工芸品を展示・販売します。実演・体験(有料)も行っています。

皆様のご来場をお待ちしております。

Copyright © 2010 としまビジネスサポートセンター. All Rights Reserved.